ゲシュタルト療法

フリッツ・パールズのビデオ

I and thou

ゲシュタルト療法の創始者であるフリッツ・パールズがサイコセラピーのデモをしているビデオがあります。グロリアというクライエントと、著名な3人のセラピストが順番にデモンストレーションをするという、心理学の分野では有名なビデオの一部です。

デモの前に簡単にゲシュタルト療法の説明をし、デモの後には、このセッションについて考察をしています。

デモンストレーション前の説明で、ゲシュタルト療法では「気付き=現在=現実」、それから「今、ここ」で「我と汝」として出会うことが重要であると述べています。また、「言葉遊び」は「誠実な態度」とは真逆のものであると述べ、実際のデモンストレーションでも、クライエントのグロリアにその点から介入しています。

セッションの細かな内容はともかく、パールズの雰囲気を知っていただくのもいいかなと思い、動画を投稿します。説明にもあるように、クライエントの態度と発言の矛盾を指摘したりしつつクライエントにフラストレーションを与え、そこから介入の糸口へとつなげていく様子がよくわかります。

パールズもグロリアもタバコを吸いながらセッションをしているのが印象的です。時代でしょうか。