カウンセリングとは①二元論からの自由

昨日の記事で、脳の健康状態がよいとき、よりよく世界を経験できる、と書きました。ここでいう「よりよく」とは、どういうことなのか、今回はそのことについて考えたいと思います。このことは、カウンセリングとは何かということに深く関わっています。

サイコセラピー(カウンセリング)を受けたことのある方なら感覚的におわかりになるかもしれませんが、サイコセラピーの場は二元論から離れた場です。つまり、「良い/悪い」「高い/低い」「広い/狭い」等々の価値軸を使って、日常生活では当たり前のようにしている「対象を価値軸の両端のどちらかに位置付ける」意識から自由になれるということです。

これは言うのは簡単ですが実践するのはそれほど簡単ではありません。というのも、私たちの意識は二元論に基づき世界を経験することがその基本的な習性だからです。これは、人間が進化の過程で生き残りに必要だったために発達したと考えられます。

例えば、遠くから黒い物体がこちらに向かった走ってきた時には、それが「自分にとってプラスのものか、マイナスのものか」を瞬時に判断して行動しなければなりません。それを「あれは熊か?熊なら危険だけど肉は食べられるし。。でも違う動物にも見える」などと逡巡しているうちに命を落とすかもしれません。

私たちの意識には、日々の生き残りが最大の関心事だった時代の習性が色濃く残っているのです。そして、二元論の価値判断の積み重なりで私たちの世界は構成されていると言っても過言ではありません。

この意識は、人間を他の動物から区別する重要な要素です。この意識の働きのおかげで人類が今日の「繁栄」を手にすることができたことに異を唱える人はいないでしょう。しかし、良いことだけというものは滅多にないもので、意識も例外ではなく、意識によって人は苦しみも背負うことになります。

なぜなら、先にも挙げた「二元論の価値軸」で自分と世界を縛りすぎてしまうと、本来の自分のスペースがどんどんなくなってしまうからです。二元論的思考は単にものごとを二つのどちらかに分類するのではなく、そこには優劣の価値判断が伴います。「良い/悪い」「高い/低い」「広い/狭い」の価値軸で言えば、自分は「良い、高い、広い」でいる「べき」だという思考です。

サイコセラピーは、二元論的な世界から離れることを目指しているのに、脳が健康になると「よりよく」世界を経験できるというのは矛盾しています。書きながら私自身も「こういう表現ではないのだけど」と感じていました。これが言語表現の難しい点です。

意識と言語はとても深く結びついているので、意識活動の外側の現象を表現するのが困難になりがちです。言語で意識を超えたものを表現しようとすると、敢えて自由な文体を使った「詩」だったり、シュールな筋立ての物語にならざるを得ないわけです。ちなみに、サイコセラピーで身体感覚やイメージを使うのも、同じ理由です。二元論から自由な場に進むには、時に思考は障壁になります。

話を戻すと、脳の健康状態がよくなると「よりよく」世界を経験できるというのは、自分に合った、自分が求めている、自分が経験しようとしていた、以前は知っていたのに気づいたら忘れてしまっていた、そんな方法で世界を組み立て直して、くつろぎながらそれを味わう、そんな意味です。