書籍)「同意」って何?

副題も含めての書名は「子どもを守る言葉 『同意』って何?〜YES、NOは自分が決める!」です。

自分と他者を区切る「境界線」についてよく説明してあり、子どもに「自分を大切にして守ること」を教える本です。同時に、境界線を大切にしながらも、他の人を助けたり、仲間を見つけたりする方法などについても考え方を紹介しています。

何よりも絵が可愛らしくて、例も子どもが理解しやすい話になっており、内容は真面目なのですが、ふむふむ、と楽しい気分で読める本です。

何かと弱い立場の子どもが自分を守る意識を持つことはとても大切だと思います。特に日本では「大人の言うことを聞く子が良い子」という考えが主流な気がしますので、そんなことはないのだ、と子どもに自信を持たせるきっかけになるといいなと思います。そして、実は大人が読んでも学ぶところが大きいのではないかと思います。

後書きに、ジャーナリストの伊藤詩織さんのメッセージがあるのも印象的でした。

親子で学びのある本ではないかと思います。