愛着理論 ① アタッチメントとは

愛着理論は英国の精神科医ジョン・ボウルビーが提唱した理論です。子どもが3歳になるまでは母親が育てるべきだという三歳児神話を聞いたことがあるかもしれませんが、三歳児神話の根拠はこの愛着理論にあると言われます。愛着理論は、ボウルビーが提唱し始めてから50年ほど経ちますが、現在も多くの研究が進められています。

愛着理論の「愛着」は英語の「attachment」です。attachという単語には、「くっつく、付着する」という意味があります。例えば、メールの添付ファイルなどもattachmentですし、心霊現象の憑きものもattachmentです。心理学では、attachmentという英単語に慣習的に「愛着」という日本語を訳語として当てますが、愛着理論の愛着とは 一義的には「近づくこと」に関連しています。この意味を明確にするために、以下では愛着ではなくアタッチメントという用語を使います。

日常生活でもよく見られることですが、脅威を感じたり不安を感じたりしたときに、子どもは親のそばに近づくことで安心を得ようとします。自ら近づくことのできない乳児であれば、泣くことで親の関心をひき、親を自分の近くに呼び寄せることで安心を得ようとします。このように、恐れや不安などの強いネガティブな感情が起きた時に、信頼できる大人(多くの場合、親)との距離を縮めて安心感を得て、情緒的安定を回復しようとする心理的傾向をアタッチメント と呼びます。

アタッチメント理論の特色の一つは、進化生物学の知見も取り入れていることです。つまり、子どもは脅威に直面した時に親に近づくことで危険を回避することができ、結果として生存確率が上がると考えるのです。つまり、不安が強い時に親に近づこうとする心理的傾向は、個人の選択ではなく環境適応の結果であり、私たちに生来備わっている行動パターンだということです。従って、たとえ養育者が子どもに暴力をふるう場合でも、気分次第で子どもを頻繁に無視したりする場合でも、子どもは親に対してアタッチメントを形成します。そして、養育者と子どもの関係のあり方によって、子どものアタッチメントには一定の傾向(パターン)が生じます。このアタッチメントのパターンは、通常大きく4つに分類されます。そして、このパターンが何に影響されて決まるのか、生涯変化することはあるのか、また、世代間連鎖はあるのか、といったテーマは現在も活発に議論されています。

アタッチメントという心理的傾向を、子どもの行動など「観察可能な行為」によって実証できることがアタッチメント理論の大きな強みといえます。精神分析家は一人の患者と週に4、5回面接しながら人の深層心理に迫るため、必然的に面接できる患者の数には限度があります。対して、アタッチメント理論は、多数のサンプルの観察実験や面接検査によって、文化横断的な時系列の傾向を把握することが可能になります。ですからアタッチメント理論は、心理学の理論や臨床経験を、認知科学や生理発達学など実証研究分野へ橋渡しする重要な役割を果たす可能性を持っています。しかし、実はアタッチメント理論は精神分析家からは激しい批判と拒絶にあってきました。なぜなら、精神分析理論では、人と人の関係性というのは欲動を満たす結果として副次的に生まれるに過ぎないと考えてきたからです(例えば、乳児は欲動を充足させるために乳房に吸い付き、その結果として母子の関係が発生する、といったように)。対して、アタッチメント 理論は、人間は生まれながらにして関係性を求める生き物だと定義します。精神分析理論の発展もあり、最近ではゆっくりと両者の歩み寄りが見られるようになっています。みなさんは、どう考えるでしょうか。

引き続き、アタッチメント理論について投稿していこうと思います。