防衛機制⑤ 取り入れと同一視

取り入れ (introjection)は、他者の考え方、価値観、態度などを自分の内に取り入れる心理的な働きを指します。また、同一視 (identification) は、他者の考え方など断片的に取り込むだけでなく、他者と自己が重なり自分がその他者のように無意識に感じる防衛です。例えば、取り入れは、親のある価値観を自分の中に取り入れることに対して、親と同一視する場合には、考え方全体や服装や態度までも同じようになると考えます。取り入れの延長上に同一視があり、取り入れの方が無意識の程度がより強いとされます。これらは精神分析理論において重要な概念ですが同時に複雑な概念であり、論者によっても解釈が異なります。この投稿では細部に入り込むことは避けながらその概要について紹介したいと思います。

子どもは親や社会の価値観や態度を取り入れながら成長し、社会に適応できるようになります。大人が毎日何気なくしていること、例えば、挨拶や食事の仕方から、ケンカはよくないこと、人の話を聞くことなどといった価値観まで取り入れます。挨拶の仕方や怒った時の態度など、子どもが小さい頃は「子は親の鏡」という諺は的を得ていると思います。実際、自分の子どもの言動が自分を振り返るきっかけになった経験を持つ親は少なくないでしょう。

この現象はどのように説明されるのでしょうか。精神分析理論では、生まれてからしばらくの間は、乳幼児にとって「自分=世界」であり自分が世界の中心のように感じているとされます。なぜなら、乳幼児の世界には自分と外界を隔てる境界線はないか、あっても非常に曖昧なものからです。そのような状態にある乳幼児は、他者が持っているもの(性質や態度など)を自分が持っているように感じ、無意識に取り入れを行います。これは成長に必要な健全な心理機能です。

なぜ子どもが取り入れを行うかという理由には見解がいくつかありますが、権威のある人(親、社会)と同じ要素を自分の内に持つことで、その人との関係を近く感じることができ、結果として不安がなくなるという見方があります。同時に、自分も権威ある人と同じ要素を持つことで、自分が権威者のように強くなったように感じて不安がなくなるためとも言われます。

ちなみに、子どもが親や社会の価値観を内部に取り入れる結果、良心ができてくるとフロイトは考えました。他方で、取り入れた価値観とは相入れない自分の欲求は無意識に抑圧されるとされます。

思春期においては、仲間同士で取り入れをすることがよく観察されます。同じ髪型にしたり、同じゲームで遊んでみたりして、それまでの親(社会)の取り入れから方向を変え、新しい自分の在り方を模索する過程での取り入れです。同じ理由から、憧れの有名人の取り入れも盛んに行われます。

取り入れは大人においても作用していると考えられます。例えば、「女性のリーダーを見たことがないので、リーダーになってもどう振る舞ってよいかわからない」というのは、取り入れを行う権威ある対象が見つからないままなので、再現のしようがないということです。同様に、子育てをしている父親を見たことのない男性は、子育てをしようという意思はあっても具体的にどう振る舞えばよいかわからないという面もあると想像されます。どちらの場合も不安な状態を回避することが困難になります。こう考えてみると、私たちの考えや態度は、自覚している以上に周囲からの取り入れを再現したものの割合が多そうです。

取り入れは日常的に観察されます。例えば、社長の口調や態度、価値観に影響されて、部長や課長のそれが似てくるなどです。これは、権威ある人からの攻撃の可能性やその人との衝突に対する不安を無意識に回避するために、境界線を緩めて心理的に権威者に近づき取り入れを行った結果と考えられます。取り入れは、組織やグループ内のリーダー格の人から他のメンバーが取り入れを行うという形でさまざまな集団で自然に起きています。例えば、家族、学校のクラス、サークル、コミュニティ、SNSのグループ等々が挙げられます。この取り入れは、社風であったりサークルの雰囲気だったりが醸し出される一つの要因になっていると考えられます。

心理学では自己と世界を分ける境界線は重要な概念ですが、防衛機制においても例外ではありません。つまり、境界線が曖昧な時に防衛としての取り入れが起こり、境界線が脆弱になればなるほど、取り入れは健康度を失うと考えられます。

例えば、攻撃者への同一視 (identification with the aggressor)と呼ばれる防衛は、病理的な取り入れの例です。この防衛は、虐待される人(特に子ども)と虐待者との境界線が曖昧になり、虐待される人が、虐待者の性質や価値観などを自分のものと錯覚することです。「私は絶望的な犠牲者ではなくて、力強い攻撃者だ」と感じることで恐怖や痛みを克服しようとするのです。端的な例は、虐待を受けた子どもが暴力的になる場合です。また、ナチスの強制キャンプのユダヤ人収容者が、ナチス警備兵の行進の仕方や態度を真似したり、廃棄されたナチスの制服を貴重な所持物として扱ったりした例が報告されています。

取り入れは抑うつに関係するとされます。強く惹かれる他者との境界線が曖昧になり他者を取り入れた結果、それが自分のアイデンティティの一部になっている場合には(例えば、「私は〇〇の母」、「〇〇の夫」など)、その重要な他者を失った際には自分の一部を失ったように感じるとされます。その空虚感や喪失感を回避するために、自分を責めたり相手を責めたりし続けることでうつ状態になるという解釈です。子どもが巣立った後の親や人生を捧げてきた仕事から引退した人にも当てはまる場合がありそうです。ちなみに、フロイトは有名な論文「喪とメランコリー」の中で、メランコリー(重度のうつ)に同一視が作用している様子を詳しく考察しています。

家族に争いが絶えないなどの劣悪な環境に育った子どもは、境界線を曖昧にすることによって環境の悪さを自分の悪さと感じます。そして「環境が劣悪なのは自分が悪いせいで、自分が良い子になれば環境はよくなる」と信じます。なぜなら、環境が劣悪(悪)だと認めるよりも、自分の中に悪がある(だから環境は良くなる可能性がある)と考えた方が不安が減少するからです。幼少期に常にこのような取り入れによって不安に対処し、報われない関係しか結べない他者と心理的につながり続けた場合(つまり、その他者の悪を自分の中に取り入れて自分を責め続ける)、性格的にうつ傾向があると考えられます。

以上に、取り入れと同一視を見てきましたが、他者が暴力的な場合も魅力的な場合にも、自分と他者(世界)との境界線を曖昧にし過ぎると、防衛は不健康になる傾向があることがわかります。逆に言うと、それだけ自我の安定というのは危ういもので、私たちは無意識のうちに様々な防衛によって安定を維持しているということです。

参考)
Kahn, M. (2002). Basic Freud. Basic Books.
McWilliams, N. (2011). Psychoanalytic diagnosis: Understanding Personality Structure in the Clinical Process. (2nd. ed). New York: Guilford press.
鈴木晶 (2004)「図解雑学 フロイトの精神分析」ナツメ社.